産門(読み)さんもん

精選版 日本国語大辞典「産門」の解説

さん‐もん【産門】

〘名〙 胎児の生まれ出る所。道の口。
※浮世草子・鬼一法眼虎の巻(1733)一「懐妊はありながら、産門(サンモン)を閉ぢて平産なきと覚えたり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「産門」の解説

【産門】さんもん

産戸

字通「産」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

VAR

《video assistant referee》サッカーで、主審・線審のほかに試合を映像で確認する審判員。また、その制度。映像の確認中に検証が必要と判断した場合に無線で主審に伝え、主審はピッチ脇に用...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android