コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用ゆ モチユ

デジタル大辞泉の解説

もち・ゆ【用ゆ】

[動ヤ上二]《「もち(用)いる」が中世以降ヤ行に転じて用いられた語。終止形は「用ゆる」となる例が多い》「用いる」に同じ。
「今の政府は力と智とを―・ゆ」〈福沢学問のすゝめ
「汝がいふ所まことにおろかなり…一も―・ゆべからず」〈宇治拾遺・一五〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

もちゆ【用ゆ】

( 動上二 )
〔ワ行上一段動詞「用ゐる」の転。中世以降の語〕
用いる 」に同じ。 「汝がいふ所まことにおろかなり。…一も-・ゆべからず/宇治拾遺 15」 「されども-・ゆるものないほどに/中華若木詩抄」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

用ゆの関連キーワードどぶろく(濁酒)十二座神楽郵送貸出臨機応変ゆり最中郵パック皆川淇園歯磨売度量衡終止形小包麺類快捷平話紅茶蕪村離俗

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

用ゆの関連情報