コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用字格 ようじかく

世界大百科事典 第2版の解説

ようじかく【用字格】

伊藤東涯の著。3巻。元禄16年(1703)自序。漢文(中国古典語)作成のための文法書。誤用しやすい漢語の構文を〈不必 必不〉〈之謂 謂之〉のように対比させ,語順の規則とその語序(文中の位置)による文義の相違を,豊富な用例をあげて説明した。〈不・可・未……非・所・便〉などの〈字格(語順の規則)〉323条を収める。正徳1年(1711)版,2巻本は盗刻。享保19年(1734)〈新刊校正〉3巻が奥田士亨校定の初版,寛政4年(1792)〈校正再刻〉は子の伊藤善韶(よしつぐ)の再版本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone