コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用字格 ようじかく

1件 の用語解説(用字格の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ようじかく【用字格】

伊藤東涯の著。3巻。元禄16年(1703)自序。漢文(中国古典語)作成のための文法書。誤用しやすい漢語の構文を〈不必 必不〉〈之謂 謂之〉のように対比させ,語順の規則とその語序(文中の位置)による文義の相違を,豊富な用例をあげて説明した。〈不・可・未……非・所・便〉などの〈字格(語順の規則)〉323条を収める。正徳1年(1711)版,2巻本は盗刻。享保19年(1734)〈新刊校正〉3巻が奥田士亨校定の初版,寛政4年(1792)〈校正再刻〉は子の伊藤善韶(よしつぐ)の再版本。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

用字格の関連キーワード伊藤東涯垣内熊岳奥田三角伊藤東所操觚字訣朝枝玖珂足代立渓熊谷直心

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone