コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

操觚字訣 ソウコジケツ

デジタル大辞泉の解説

そうこじけつ〔サウコジケツ〕【操觚字訣】

江戸中期の語学書。10巻。補編・遺編・続編5巻。伊藤東涯(とうがい)草稿を子の伊藤東所が編纂。宝暦13年(1763)の東所の序文がある。漢文の文章作法を説き、同訓異義の漢字を集めてその差異を示したもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうこじけつ【操觚字訣】

江戸中期の儒学者,伊藤東涯の著した字書。子の伊藤東所が編成,10巻。補遺5巻は,村山徳淳の増訂。明治初期に出版。漢語文字の用字法を,篇法,助字(文末助詞,助辞),語辞(副詞,介詞,接続詞,感嘆詞),虚字(動詞),雑字(動詞,形容詞,数詞など),実字(名詞)に6分類して説明する。どの部門の文字にも,先秦から魏・晋にわたる経伝,史書や唐宋古文の用例を豊富に挙げ,実字(名物の称呼)は東涯の《名物六帖(めいぶつりくじよう)》13箋とおなじく11門に分けて百科事典風に解説する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

そうこじけつ【操觚字訣】

漢文作法書。一〇巻。補遺五巻。伊藤東涯の稿をその子伊藤東所が編纂へんさん。1763年の東所の序文がある。漢語の用字法を述べ、同訓異義の漢字の差異を説く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android