コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊藤東涯 いとう とうがい

美術人名辞典の解説

伊藤東涯

江戸中期の儒者。京都生。伊藤仁斎の長男。名は長胤・源蔵、別号を慥々斎。父に儒学を学び、その学を継承して堀川学風を大成する。新井白石・荻生徂徠らと親交が篤く、また奥田士享・篠崎東海ら多くの子弟を育成する。著書は『古学指要』『弁疑録』『古今学変』等がある。元文元年(1736)歿、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

いとう‐とうがい【伊藤東涯】

[1670~1736]江戸中期の儒学者。京都の人。仁斎長子。名は長胤。父の学説を継承、大成させた。著「古学指要」「弁疑録」「操觚字訣(そうこじけつ)」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

伊藤東涯【いとうとうがい】

江戸中期の儒学者。名は長胤(ながつぐ),字は原(元)蔵。伊藤仁斎の子。父の遺業を継承発展せしめ,語学,史学,考証学,博物学など仁斎が手がけなかった分野も開拓した。
→関連項目土橋友直

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

伊藤東涯 いとう-とうがい

1670-1736 江戸時代前期-中期の儒者。
寛文10年4月28日生まれ。伊藤仁斎の長男。父の家塾古義堂をまもり,多数の門人をおしえた。父の著作の刊行につとめ,古義学を集大成した。また中国の儒教史,語学,制度を日本と対比させつつ研究,膨大(ぼうだい)な著述をなした。元文元年7月17日死去。67歳。京都出身。名は長胤(ながつぐ)。字(あざな)は源(元)蔵。別号に慥慥斎(ぞうぞうさい)。著作に「古今学変」「制度通」「操觚字訣(そうこじけつ)」など。
【格言など】口に才ある者は多く事に拙なり(「閑居筆録」)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

いとうとうがい【伊藤東涯】

1670‐1736(寛文10‐元文1)
江戸中期の儒学者。通称と本名は源(元)蔵長胤(げんぞうちよういん),東涯のほか慥慥斎(ぞうぞうさい)と号す。父は伊藤仁斎。1705年(宝永2)仁斎の死後,古義堂第2代を継ぐ。05‐20年の間に仁斎の主著の最終稿本を編集・出版した。その際,思想内容の変更に及ぶ訂正を加えており,《論語古義》や《孟子古義》の刊本はむしろ東涯の著書に近い。儒学上の東涯の思想は,仁斎に残存した朱子学的要素を一掃し,仁斎の心情的道徳論を客観秩序重視の方向に転換して,徂徠学に接近する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

いとうとうがい【伊藤東涯】

1670~1736) 江戸中期の儒学者。名は長胤、字あざなは源蔵、別号を慥々斎。仁斎の長男。京都堀川にあって子弟の育成に従事、仁斎の古義学を大成。著「制度通」「古今学変」「操觚字訣」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊藤東涯
いとうとうがい

[生]寛文10(1670).4.28. 京都,堀川
[没]元文1(1736).7.17. 京都
江戸時代中期の儒学者。伊藤仁斎の長子。名は長胤,諡号紹述先生。父仁斎の古義学を受継ぎ,堀川学派を充実させた。学問は博覧綿密であるが,仁斎のような独創性はなく,その学才をもっぱら父の学の整理,補成,紹述に費やす。その著述は,経学,文学から和漢の制度,文法,名物の詳に及ぶ。古義学を継承し解説した著作として,『古学指要』 (1714) ,『弁疑録』 (34) があり,ほかに仁斎の『語孟字義』を詳説した『訓幼字義』,古義学の要点を簡明にまとめた『学問関鍵』 (30) がある。その他の著作『古今学変』『復性弁』『鄒魯大旨』『経学文衡』『制度通』『古今教法沿革図』『用字格』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊藤東涯
いとうとうがい
(1670―1736)

江戸中期の儒学者。伊藤仁斎(じんさい)の長男として寛文(かんぶん)10年4月28日、京都堀河(ほりかわ)に生まれる。名は長胤(ちょういん)、字(あざな)は源蔵(げんぞう)。慥々斎(ぞうぞうさい)、東涯と号した。仁斎の4人の男子はみな家学を継いだが、長男の東涯と四男の蘭嵎(らんぐう)(才蔵)が優れ、「伊藤(堀河)の首尾蔵(しゅびぞう)」といわれた。東涯は温厚、篤実(とくじつ)、円満で、幼時より父仁斎から家学を受け、また父に伴われて京都の公卿(くげ)・文化人・富商たちの社交会(サロン)に出入りして、仁斎学の精神的基盤に親炙(しんしゃ)した。東涯は父仁斎の死(1705)によって36歳で古義堂塾を継ぎ、紀伊侯の招きを辞して幼弟の養育にあたり、父同様、生涯、町(まち)学者として仁斎学を忠実に守り、堀河塾の発展に努めた。死後、紹述(しょうじゅつ)先生と諡(おくりな)された。東涯は、父仁斎が独創的な思想家であったのに対して、博覧綿密な学究であった。湯浅常山(ゆあさじょうざん)は、『文会雑記』に「東涯の学問は仁斎に倍せり」と評している。
 彼の業績は二つに分かれる。
(1)父の稿本を父の門人たちと協議して整理補正して『語孟字義(ごもうじぎ)』『論語古義』『孟子古義』『大学定本』『中庸発揮(ちゅうようはっき)』や『古学先生文集・詩集』を刊行した。また『論語古義標註(ひょうちゅう)』『語孟字義標註』『童子問標釈』『大学定本釈義』『中庸発揮標釈』などを著すとともに、古義学を布衍(ふえん)解説した『弁疑録』『古学指要』『学問関鍵(かんけん)』『訓幼字義』などを出板した。
(2)東涯の得意とする研究領域の書で、思想史として『古今学変』を著して家学の思想史的位置づけをし、制度史として『制度通』、語学研究書として『操觚字訣(そうこじけつ)』、儒学研究書として『周易経翼通解(しゅうえきけいよくつうかい)』などを著し、生涯著述に精進して、53部240余巻の書をつくり、『紹述先生文集・詩集』30巻、遺稿40巻を残した。
 那波魯堂(なわろどう)は『学問源流』に、仁斎・東涯の学を仁斎派・東涯派といい、「元禄(げんろく)の中比(なかごろ)より宝永(ほうえい)を経て、正徳(しょうとく)の末に至るまで、其(その)学盛(さかん)に行はれ、世界を以(もっ)て是(これ)を計らば、十分の七と云(い)ふ程に行はる」と述べている。門下からは青木昆陽(あおきこんよう)ら多数の人材が輩出した。元文(げんぶん)元年7月17日に没した。[石田一良]
『加藤仁平著『伊藤仁斎の学問と教育』(1940・目黒書店/復刻版・1979・第一書房) ▽『日本思想大系33 伊藤仁斎・伊藤東涯』(1971・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

伊藤東涯 (いとうとうがい)

生年月日:1670年4月28日
江戸時代中期の儒学者
1736年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内の伊藤東涯の言及

【制度通】より

…中国歴代の制度の沿革と,対応する日本の制度との関係を項目別に述べた書物。伊藤東涯撰。13巻。…

【操觚字訣】より

…江戸中期の儒学者,伊藤東涯の著した字書。子の伊藤東所が編成,10巻。…

【用字格】より

伊藤東涯の著。3巻。…

※「伊藤東涯」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

伊藤東涯の関連キーワード三谷宗鎮(初代)千宗室(6代)安東仕学斎伊藤竹里犬飼松窓伊藤梅宇伊藤介亭足代立渓安藤陽洲高志泉溟宮崎筠圃鳥山崧岳土居震発陶山南濤安原貞平股野玉川原田東岳武田梅竜生年月日松崎蘭谷

今日のキーワード

MERY

ファッション情報を中心とした女性向けデジタルメディア。運営元は株式会社MERY。2013年、株式会社ペロリによって創設された。同社が株式会社ディー・エヌ・エーの子会社となった14年以降も運営は継続され...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android