コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

用弁/用辨 ヨウベン

デジタル大辞泉の解説

よう‐べん【用弁/用×辨】

[名](スル)用事を済ますこと。用の足りること。用便。
「右の手数早く―になる事もあり」〈吉田二郎・蚕種説并蚕種商法〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ようべん【用弁】

( 名 ) スル
用が足りること。用をすますこと。 「花洛へは唯-の為のみに登れば/滑稽本・膝栗毛 7

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

用弁/用辨の関連キーワード費用弁償・政務調査費問題政務調査費と費用弁償議員報酬と定数野中金右衛門田沢与左衛門弁置換術高橋健三耐酸鋳鉄前澤工業山際七司滑稽本弁論術吹流し弁当駅弁用便賃金

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android