コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中琢 たなか みがく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中琢 たなか-みがく

1933- 昭和後期-平成時代の考古学者。
昭和8年12月29日生まれ。34年奈良国立文化財研究所にはいり,平城宮跡発掘調査にあたる。同所埋蔵文化財センター長,文化庁文化財鑑査官などをへて,平成6-11年奈良国立文化財研究所長。滋賀県出身。京大卒。著作に「古鏡」「平城京」「倭人争乱」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

田中琢の関連キーワード鏡(mirror)庄内式土器多鈕細文鏡海獣葡萄鏡猿投窯址群平城宮仿製鏡伝世鏡雷文鏡舶載鏡鈴鏡

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android