コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田中長嶺 たなか ながね

2件 の用語解説(田中長嶺の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田中長嶺 たなか-ながね

1849-1922 明治-大正時代の殖産家。
嘉永(かえい)2年生まれ。新潟県下の開墾事業のかたわら帝国大学で菌学をまなぶ。人工接種による椎茸(しいたけ)栽培法を開発,また木炭製造法の改良にもとりくみ,田中式改良窯を考案。各地でこれらの技術を指導した。大正11年6月30日死去。74歳。越後(えちご)(新潟県)出身。著作に「日本菌類図説」(共著),「炭焼手引草」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

田中長嶺

没年:大正11.6.30(1922)
生年:嘉永2(1849)
明治大正時代の椎茸栽培,製炭事業の指導者。越後国三島郡才津村(長岡市)生まれ。幼名重次郎。絵画を学ぶべく江戸に出たが途中で帰農。農業のかたわら植物採集,写生,菌学を研究し,明治23(1890)年,わが国初の菌類学書『日本菌類図説』(共著)を,その後さらに人工接種による椎茸栽培法について研究,『香蕈培養図説』(1892)などを著した。また製炭法の改善を考究し,25年『十余三産業絵詞』を著した。28年には愛知県八名郡にて田中式改良窯を考案,これをもとに『炭焼手引草』(1898)を公刊,わが国製炭の技術的基礎の確立に貢献した。椎茸栽培および製炭技術改善のため全国各地を行脚,名古屋市東田で客死。<参考文献>中村克哉他『明治殖産業の民間先駆者田中長嶺の研究』,赤羽武他「『炭焼手引草』解題」(『明治農書全集』13巻)

(赤羽武)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

田中長嶺の関連キーワードフューラー製炭井山憲太郎大石スク岡田満田丸猪吉長尾円澄楢崎圭三姫野佐平渡部精司

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone