田原 淳(読み)タハラ スナオ

20世紀日本人名事典の解説

田原 淳
タハラ スナオ

明治〜昭和期の病理学者 九州帝国大学名誉教授。



生年
明治6年7月5日(1873年)

没年
昭和27(1952)年1月19日

出生地
大分県東国東郡戸田村(現・安岐町)

旧姓(旧名)
中嶋

学歴〔年〕
東京帝大医科〔明治34年〕卒

学位〔年〕
医学博士〔明治41年〕

主な受賞名〔年〕
帝国学士院恩賜賞〔大正3年〕

経歴
幼い頃に中津藩医を務めた伯父の養子となる。一高から東京帝大医科に進み、明治36年ドイツに留学。マールブルク大学病理学者L.アショフ教授に師事、人間や哺乳動物の心臓が拍動する仕組みについて研究、刺激伝導の中心にある房室結節という特珠な心節を発見した。これを刺激伝導系と命名、別名“田原結節”と名づけられた。39年研究成果をまとめ、ドイツの出版社から「哺乳類動物心臓の刺激伝導系」(平成2年邦訳刊行)として刊行。帰国後、九州帝国大学助教授となり、41年病理学教授に進み、同年医学博士。大正3年心臓刺激伝導系の発見により帝国学士院恩賜賞受賞。昭和5年医学部長、6年同大温泉治療学研究所初代所長。8年退官して同大名誉教授となった。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

田原 淳 (たわら すなお)

生年月日:1873年7月5日
明治時代-昭和時代の病理学者
1952年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android