コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田村邦行 たむら くにみち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田村邦行 たむら-くにみち

1820-1857 江戸時代後期の大名。
文政3年7月23日生まれ。田村宗顕(むねあき)の次男。兄邦顕(くにあき)の跡をつぎ,天保(てんぽう)11年陸奥(むつ)一関(いちのせき)藩(岩手県)藩主田村家8代となる。藩校教成館(こうせいかん)を再興,医学校慎済館を新設し,西洋兵学の導入につとめ,文武両道を奨励した。安政4年2月19日死去。38歳。名は「くにゆき」ともよむ。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

田村邦行の関連キーワード田村通顕

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android