田沢与左衛門(読み)たざわ よざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田沢与左衛門 たざわ-よざえもん

1824*-1883 幕末-明治時代の治水家。
文政6年12月1日生まれ。越後(えちご)古川村(新潟県白根市)の名主。信濃川治水のため下流部の大河津分水工事を主張。明治3年工事の開始とともに民部省土木司用弁掛となる。5年反対運動で中止されたあとも信濃川治水会社をつくり,分水工事の必要性をうったえた。明治16年9月4日死去。61歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android