田辺一雄(読み)たなべ かずお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

田辺一雄 たなべ-かずお

1891-1965 大正-昭和時代の医療運動家。
明治24年12月28日生まれ。小田原電気鉄道(現箱根登山鉄道)の技師だったときの大正8年肺結核となる。自身の療養体験から「最新自然療法指導書」を執筆。13年から機関誌「療養生活」を発行し,結核とその療養の啓発活動にあたる。結核療養者・回復者の団体複十字会の設立にもかかわった。昭和40年1月15日死去。73歳。神奈川県出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android