田辺南鶴(初代)(読み)たなべ なんかく

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「田辺南鶴(初代)」の解説

田辺南鶴(初代) たなべ-なんかく

?-? 江戸時代後期の講談師
武家出身。神田辺羅坊寿観(べらぼうすかん)の門下で,師の芸名の一部をとって田辺を称し,初代となる。軍談を得意とした。本姓田宮

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android