コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍談 グンダン

デジタル大辞泉の解説

ぐん‐だん【軍談】

江戸時代の通俗小説で、合戦を題材としたもの。太閤記・甲越軍記など。軍記物。
軍記物を節おもしろく読み聞かせること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんだん【軍談】

戦争の話。いくさばなし。
軍記物に節をつけて読み聞かせるもの。
江戸時代、中国・日本の軍記類を翻訳・改作し、出版・流布された通俗読物の称。「太閤記」「通俗武王軍談」の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の軍談の言及

【寄席】より

…しかし,民衆の要望が強かったために,その後,ふたたびしだいに盛んとなり,安政年間(1854‐60)には〈はなしの席〉が172軒になった。《大江戸都会荒増勘定》には〈軍談の席二百二十軒,はなしの席百七十二軒〉とあり,この約400軒の寄席に1日平均それぞれ100人の入場者があり,1日の売上金は合計300両を超えた。なお,講釈の席は〈釈場(しやくば)〉ともいわれ,〈夜講(やこう)〉も行われた。…

※「軍談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

軍談の関連キーワード土橋亭竜馬(初代)松林伯円(初代)宝井馬琴(4世)宝井馬琴(6世)田辺南鶴(初代)田辺南竜(2代)田辺南竜(初代)田辺南鶴(3代)田辺南龍(1世)一龍斎 貞輔染野井半四郎通俗漢楚軍談赤松青竜軒月の岡古墳月ノ岡古墳深井志道軒桃川 東燕浅井三代記十字亭三九桃林亭東玉

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android