軍談(読み)グンダン

大辞林 第三版の解説

ぐんだん【軍談】

戦争の話。いくさばなし。
軍記物に節をつけて読み聞かせるもの。
江戸時代、中国・日本の軍記類を翻訳・改作し、出版・流布された通俗読物の称。「太閤記」「通俗武王軍談」の類。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐん‐だん【軍談】

〘名〙
江戸時代の通俗小説。昔の合戦を材料としたもの。また、軍記物。軍書。
② 軍記物に節をつけてよみ聞かせること。また、いくさの話をすること。
※談義本・風流志道軒伝(1763)一「軍談(グンダン)を以て人を集め」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の軍談の言及

【寄席】より

…しかし,民衆の要望が強かったために,その後,ふたたびしだいに盛んとなり,安政年間(1854‐60)には〈はなしの席〉が172軒になった。《大江戸都会荒増勘定》には〈軍談の席二百二十軒,はなしの席百七十二軒〉とあり,この約400軒の寄席に1日平均それぞれ100人の入場者があり,1日の売上金は合計300両を超えた。なお,講釈の席は〈釈場(しやくば)〉ともいわれ,〈夜講(やこう)〉も行われた。…

※「軍談」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

軍談の関連情報