コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田部長右衛門(22代) たなべ・ちょうえもん

朝日日本歴史人物事典の解説

田部長右衛門(22代)

没年:昭和17.2.14(1942)
生年:嘉永3(1850)
明治大正期の島根の山林地主。出雲国(島根県)母里藩(松江藩の支藩)の藩士宇山数馬の3男として出雲国母里村に生まれる。幼名虎三郎。わんぱく「宇山の虎さん」は母里藩の小姓として槍術を学び,明治改元断髪では藩の第1号となった。明治7(1874)年島根県吉田村の大地主田部家の養嗣子となり,18年長右衛門を襲名(諱は長秋)。日本首位の大山林地主として林業振興に努め,植え付け杉檜苗は50年間で200万本を超えた。23年多額納税者互選の貴族院議員。美術工芸鑑賞を好み,琴峰と号し句作も多い。なお,長右衛門は歴代,日本のたたら製鉄の中心地松江藩の筆頭鉄師を勤めた。

(高橋一郎)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

田部長右衛門(22代)の関連キーワード田部 長右衛門(23代目)田部美術館

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android