コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲子の士禍 こうしのしかKapcha sahwa

1件 の用語解説(甲子の士禍の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

甲子の士禍
こうしのしか
Kapcha sahwa

朝鮮,朝鮮王朝 (李朝) の燕山君 10 (1504) 年,燕山君のなき母尹氏の復位問題から起った士禍。この年の干支が甲子にあたるため,この呼称がある。燕山君の奢侈と浪費の結果,財政が困難になったため,王は功臣らに与えた田地,奴婢を没収しようとしたので,功臣たちは反対に宮中生活に制限を加えようとし,反目が生じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone