コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲把瑞繹 がっぱ ずいえき

2件 の用語解説(甲把瑞繹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甲把瑞繹 がっぱ-ずいえき

1737-1803 江戸時代中期-後期の蘭方医。
元文2年生まれ。京都で吉益東洞にまなび,郷里の土佐(高知県)にかえって開業。寛政7年(1795)土佐下田浦に漂着した琉球船の乗客,石川積医堂の病気をなおす。その縁で積医堂がしめした医書をもとに「陳氏秘要方」を著述。享和3年10月4日死去。67歳。名は長恒。別号に南巣,恕行斎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

甲把瑞繹

没年:享和3(1803)
生年:生年不詳
江戸後期の蘭方医。土佐国高岡郡窪川村(高知県窪川町)生まれ。号は長恒,南巣,如行斎,瑞益。土佐の野町少薀に医学を学ぶ。のち上洛し,万病一毒説と親試実験を唱えた吉益東洞に師事した。帰郷後は幡多郡下田港,のち中村に移って開業し,進歩的医家として知られた。土佐藩では安政1(1854)年に藩医石坂玄泰が人体解剖の必要を説いたが容れられず,文久1(1861)年に刑屍の人体解剖が実施されたが,これは先覚者瑞繹の親試実験精神の開花とみられる。<著作>『陳氏秘要方』『全台要方』『仁井田郷談』<参考文献>『平尾道雄選集』2巻

(福島義一)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

甲把瑞繹の関連キーワード新宮涼庭紺土佐五十嵐又碩小森宗二斎藤方策杉田恭卿杉山帰一三谷泰作宮尾亀蔵

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone