コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

吉益東洞 よします とうどう

9件 の用語解説(吉益東洞の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

吉益東洞

江戸中後期の医者。広島生。名は為則、字は公言、通称は周助、初号を東庵。京都に出て開業、古医方を唱えたが認められず貧窮に苦しむが、山脇東洋の知遇を得て世に認められ、名医として名を馳せた。「万病一毒説」「親試実験」の主張は蘭学以前の実験医学として注目される。著述に『類聚方』『方極』『薬徴』などがある。安永2年(1773)歿、72才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

よします‐とうどう【吉益東洞】

[1702~1773]江戸中期の医学者。安芸(あき)の人。名は為則。字(あざな)は公言。通称、周助。古医方を学び、万病一毒説、また診察の重要性を主張。著「類聚方」「薬徴」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

吉益東洞【よしますとうどう】

江戸中期の医学者。名は為則,通称は周助。広島の人。1738年京都で開業,山脇東洋の推挙を得て当代一流の医家となる。万病一毒説を唱え,古医方第一人者とされる。《類聚方》《薬徴》など著書多く,その主張は門人の集録した《医断》に詳しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

吉益東洞 よします-とうどう

1702-1773 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)15年5月生まれ。吉益南涯(なんがい)の父。はじめ吉益流金瘡(きんそう)産科をまなんだが,独学して独自の万病一毒説にもとづく古医方をとなえる。元文3年京都で開業,山脇(やまわき)東洋にみとめられ世に知られた。安永2年9月25日死去。72歳。安芸(あき)(広島県)出身。本姓は畠山。名は為則。字(あざな)は公言。通称は周助。別号に東庵。著作に「類聚方」「薬徴」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

吉益東洞

没年:安永2.9.25(1773.11.9)
生年:元禄15.5(1702)
江戸中期の医者。広島に生まれる。父は畠山重宗,母は花。名を為則,字は公言,通称は周助,初め東庵と号したが,のちに東洞と改めた。19歳のときに医を志し,初め能津祐順について吉益流金瘡産科を学んだ。そののち独学で『素問』をはじめとする医学の古典を精読したが,当時盛行していた金元流の医学に不信感を抱き,名古屋玄医,後藤艮山らの医説に共感を抱いた。30歳ごろに万病一毒説を立て,張仲景の『傷寒論』を基準として治療の方針を立てることを唱導した。東洞によれば,生体に何らかの理由で後天的に生じた毒が疾病の原因であり,毒の種類はひとつしかない。一種類しかない毒のためにどうして万病を生ずるかといえば,それは毒の存在する部位が異なるためであるという。これは中国医学ではきわめて例外的な個体病理論的発想であり,同じ古方派の艮山の提唱した一気留滞説とは根本的に異なる。 37歳のときに上京して万里街春日小路南に居をかまえ,古医方を唱え,同時に曾祖父の姓吉益氏に復した。生計が苦しく人形造りをして暮らしていたが,44歳で偶然のことから山脇東洋と識り,急に医名が高まり,47歳のときに東洞院に移転した。東洞の号はこのときに始まる。多くの著書があるが,特に重要なのは『医断』『薬徴』『類聚方』であろう。『医断』は医論集であり,『薬徴』は本草とは違った立場からみた生薬の薬能を論じたものであり,『類聚方』は『傷寒論』の三陰三陽などの文脈を無視し,処方別に再構成したものである。陰陽五行説関連の条文は「仲景の口吻ではない」としてこれを全面的に削除している。しかし腹診を重視したのは東洞が最初ではなく,曲直瀬道三・玄朔の著述にもみられ,『医断』の「腹は生あるの本。故に百病は此に根さす」の語もすでに玄朔の『百腹図説』にみえる。東福寺荘厳院に葬られた。

(大塚恭男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

よしますとうどう【吉益東洞】

1702‐73(元禄15‐安永2)
江戸中期の古医方派医学四大家の一人。広島の医師畠山重宗の長男として生まれ,名は為則,字は公言,通称は周助,はじめ東庵と号した。祖父政光(道庵)の門人能津祐順に吉益流金瘡産科の術を学んだが,古方医学を志して独学,30歳のころ万病一毒説を唱えた。1738年(元文3)37歳で一家をあげて京都に移住し開業し,元祖の姓の吉益を名乗った。はじめは不遇で貧困であったが,たまたま山脇東洋と会ってその才を認められ,東洋の推挙で世に出てその名を知られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

よしますとうどう【吉益東洞】

1702~1773) 江戸中期の医学者。広島の人。名は為則。万病一毒・親試実験を唱え、経験に基づき疾病の内的原因をつきとめることに努め、実験医学の道を開く。著「類聚方るいじゆほう」「方極」「薬徴」など。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

吉益東洞
よしますとうどう

[生]元禄15(1702).広島
[没]安永2(1773).9.25. 京都
江戸時代中期の古方派医家。父畠山重宗は吉益流の金瘡医。初め兵法を学んだが,19歳で医を学び,古医書を読破して,古医方を唱えた。元文3 (1738) 年京都に出て開業したが,患者も弟子も少く,貧困,不遇で,人形を作って生計を立てた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

吉益東洞
よしますとうどう
(1702―1773)

江戸中期の医師。広島の人。名は為則、字(あざな)は公言、通称は周助。初め東庵(とうあん)、のちに東洞と号した。19歳のとき、発心して医学を学び始め、能津祐順について金瘡(きんそう)外科を学んだ。その後、独学で古今の医書を読破、ついにその当時流行の後世(ごせい)家医方を排し、古医方によるべきことを主張した。1738年(元文3)京都に移り、開業し、大いに自説を唱えたが、時流にあわず窮乏した。しかしなお、自説を曲げず、一時は紙人形をつくって売り、生活の糧(かて)とした。44歳のおり、山脇東洋(やまわきとうよう)に認められ、これが機縁となって世に知られるようになった。彼はいっさいの伝統的理論を退け、「万病一毒説」を唱えた。これは病気の本体として毒を考え、毒はなんらかの原因で身体の中に生じるがただ一種であり、それを除くには強い薬を用いなければならないとした。また診察を詳しくすべきであることを主張した。著書に『類聚(るいじゅう)方』『方極(ほうきょく)』『薬徴(やくちょう)』などがある。[大鳥蘭三郎]
『呉秀三、富士川游選・校『東洞全集』(1970・思文閣)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone