コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲良宗員 こうら むねかず

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

甲良宗員 こうら-むねかず

1661-1733 江戸時代前期-中期の大工。
寛文元年生まれ。甲良宗賀(むねよし)の子。父にまなび,ともに芝増上寺方丈造営や日光東照宮修繕にたずさわる。宝永2年(1705)には上野長昌院仏殿の造営にあたった。享保(きょうほう)18年3月死去。73歳。通称は左衛門,志摩。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

甲良宗員の関連キーワードアウグスト(2世)ポーランド史総合年表(アメリカ)隠元天野信景アウグスト[2世]クラシェニンニコフサッケリサッケーリスタニスワフ1世レシチンスキ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android