コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

甲袈裟 コウゲサ

デジタル大辞泉の解説

こう‐げさ〔カフ‐〕【甲××裟】

袈裟の地が亀甲模様でそれを青・黄・紫などに染め、縁を黒色に染めた七条袈裟

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうげさ【甲袈裟】

黒で縁を取った七条の袈裟。地色は紫・青など種々。僧綱や有識の僧がつける。甲の袈裟。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の甲袈裟の言及

【衣帯】より

…九条以上は,禅系諸宗以外ではあまり用いないが,用いる宗派では,条数が多いほど高位の袈裟ということに定めてある。なお条数とは別に,生地や意匠によって,衲袈裟(のうげさ),甲袈裟,紋袈裟,平袈裟(ひらげさ)等に分けることができる。五条袈裟は,右の脇の下から右半身を前後にまとうように着け,細帯状の威儀(いぎ)と称する付け紐で左肩と左腕に吊りとめる。…

※「甲袈裟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

甲袈裟の関連キーワード地色有識