コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男女共同参画政策 だんじょきょうどうさんかくせいさく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

男女共同参画政策
だんじょきょうどうさんかくせいさく

男女が対等な立場で社会のあらゆる分野に参画し,利益を対等に享受するとともに責任も対等ににないうる社会を実現するための政策。 1994年,総理府に男女共同参画室が,また総理大臣の諮問機関として男女共同参画審議会が設置されてスタートした。 96年,同審議会が男女共同参画ビジョンを答申,それをもとに男女共同参画 2000年プランを策定した。さらに 98年6月には,(1) 苦情処理機関としてオンブズパーソン制度の設置,(2) 国会への年次報告,(3) 市民運動や国際機関との連携など基本方針や理念を示し,男女共同参画社会基本法のための論点整理を発表した。 2001年1月の中央省庁再編により,男女共同参画審議会を発展的に継承するものとして男女共同参画会議が内閣府に設置された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

男女共同参画政策の関連情報