コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

男女共同参画会議 ダンジョキョウドウサンカクカイギ

3件 の用語解説(男女共同参画会議の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

だんじょきょうどうさんかく‐かいぎ〔ダンヂヨキヨウドウサンクワククワイギ〕【男女共同参画会議】

内閣府重要政策会議の一つ。男女共同参画社会の形成促進に関する基本的な方針・政策および重要事項について調査審議し、内閣総理大臣に提言する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

男女共同参画会議【だんじょきょうどうさんかくかいぎ】

2001年1月,男女共同参画審議会を継承・発展するものとして設置された。同審議会は,1994年男女平等を社会に根づかせることを目的に首相の諮問機関として発足。1996年の中間答申〈男女共同参画ビジョン〉で,選択的夫婦別姓制度の導入の早期実現,配偶者に関する税制・社会保障制度見直し無償労働に対する経済的評価の導入,男女雇用機会均等法の根本的見直し,性別に偏りのないような新しい高齢者介護システムの実現,公務員採用におけるアファーマティブ・アクション制度の導入,性犯罪の取締り強化と被害女性の保護・救済・自立支援制度の整備,セクシュアル・ハラスメント防止のための男性向け研修,リプロダクティブ・ヘルス/ライツの法的保障,そして法律に基づく本格的な常設諮問機関の設置と男女共同参画社会の実現を促進するための基本法の制定を検討課題として提案。
→関連項目内閣府

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

男女共同参画会議
だんじょきょうどうさんかくかいぎ

内閣府に設置された重要政策会議の一つで、女性の社会進出に関する政策評価を行う合議体。2001年(平成13)、従来からあった「男女共同参画審議会」を、内閣府設置に伴い改称して発展的に存続させたものである。男女共同参画社会基本法に基づく。内閣官房長官を議長とし、各省大臣等12名および学識経験者12名の総計25名で構成。年1~3回ほど開催されているが、ここで具体的な意思決定がなされるケースはほとんどない。女性の社会進出を阻む規制や慣習をなくすことにより、少子高齢化が進むなかでも必要な労働力を確保することを目ざしている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

男女共同参画会議の関連キーワード国語審議会社会保障審議会男女共同参画社会特命担当相選択的夫婦別姓制度小泉チルドレン玄葉光一郎小渕優子上川陽子

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

男女共同参画会議の関連情報