コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

町狩野 まちかのう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

町狩野
まちかのう

江戸時代における在野狩野派の画家たちの総称。門人として狩野派の画法を学びながら奥絵師表絵師のように幕府や諸大名などに仕えず,市井にあって画業を営んだ。狩野姓を名のった者もいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の町狩野の言及

【狩野派】より

…探幽は21年に幕府から鍛冶橋門外に屋敷を拝領したので,後に鍛冶橋狩野家と呼ばれた。尚信は30年に竹川町に屋敷を拝領し,子の常信のときに木挽町に移ったので木挽町狩野家と呼ばれ,宗家の安信は寛永年間(1624‐44)中橋狩野家をひらいた。ここに狩野家の中心は江戸に移り,山楽系の京狩野に対して江戸狩野と呼ばれる。…

※「町狩野」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

町狩野の関連キーワード狩野栄川(2)修善寺[町]中伊豆[町]大仁[町]狩野養川院狩野勝川院狩野晴川院喜多川歌麿鳥山石燕狩野即誉狩野養信狩野尚信狩野友益狩野勝玉狩野立信狩野伊川狩野永悳朝岡興禎狩野伯円狩野長信

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android