コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画像記憶装置 がぞうきおくそうちimage memory device

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

画像記憶装置
がぞうきおくそうち
image memory device

画像 (二次元あるいは三次元の画面に表わされた視覚情報をいう) をそのままの形あるいは符号や信号に変換して記憶し,あとで読出せる機能をもった装置。その装置は非常に広範囲にわたり,写真 (映画やマイクロフィルムを含む) ,電子写真,複写,印刷,ホログラフィーのようなものから,ファクシミリ,VTR,ビデオディスクのように時間的に順次走査するものを含む。また,画像をデジタル符号化して記憶させるコアメモリや半導体メモリも画像記憶装置といえる。情報の伝送や処理が単に音声や符号だけでなく,広く画像をも扱う今日の情報技術において,ますますその用途が拡大,重要化しつつある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android