コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

留め金の教会 トメガネノキョウカイ

デジタル大辞泉の解説

とめがね‐の‐きょうかい〔‐ケウクワイ〕【留め金の教会】

Tokalı Kilise》トルコ中央部、カッパドキア地方の町ギョレメにある岩窟教会。イスラム教徒による迫害を逃れてキリスト教徒が造ったもので、ギョレメ野外博物館の教会の一つ。10世紀頃の建造。その後も増築され、新旧の教会、地下教会、礼拝堂の四つの空間からなる、同地方で最大規模の岩窟教会になった。名称は、かつて天井から留め金(バックル)がつり下がっていたことに由来するとされる。キリストの生涯を描いた、青を基調とする色鮮やかフレスコ画が残っている。トカル教会トカルキリセ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

留め金の教会の関連キーワードトカル教会エルマル教会カランルク教会暗闇の教会蛇の教会ユランル教会林檎の教会