コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山久尚 はたけやま ひさなお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山久尚 はたけやま-ひさなお

1905-1994 昭和時代の地球物理学者。
明治38年1月20日生まれ。昭和3年中央気象台にはいり,38-40年気象庁長官。のち二松学舎大教授。地磁気の湾形変化(極磁気嵐)の研究で,19年学士院賞。ほかに雷雲の電気分布などの研究がある。平成6年2月11日死去。89歳。新潟県出身。東京帝大卒。著作に「気象電気学」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

畠山久尚の関連キーワードビショップ環超高層大気大気電気学稲田の御光昭和時代大気電気気象災害海鳴り御来光洪水雷鳴浮島

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android