コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

畠山桂花 はたけやま けいか

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

畠山桂花 はたけやま-けいか

1626-1693 江戸時代前期の医師。
寛永3年生まれ。父畠山光政(牛安)の跡をつぎ,常陸(ひたち)水戸藩に藩医としてつかえた。寛文2年法橋(ほっきょう)となる。書画鑑定家としても知られる。元禄(げんろく)6年4月27日死去。68歳。名は義高。通称は牛庵。著作に「鑑定雑記」「古筆人名考」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

畠山桂花の関連キーワードコングリーブ(劇作家、詩人)近松門左衛門ニュートン(Sir Isaac Newton)天文学史(年表)奥寺八左衛門弩爾哈斉ニコラオ今大路道三ニコラオ弩爾哈斉・奴児哈赤

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android