コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番田 ばんでん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

番田
ばんでん

建長4 (1252) 年和泉国春木荘の農民らの置文にみえる言葉で,公事が賦課された田地らしい。同荘では,公事勤仕のため在家が数個のグループに編成され,番を結成していたが,番ごとに1町2反の公事賦課田を定め,これを公事番田と呼んだ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

番田の関連キーワードハイリゲンシュタットベートーベンの小径三宅正一番頭制全日農

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

番田の関連情報