コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鎌倉の大仏 かまくらのだいぶつ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

鎌倉の大仏
かまくらのだいぶつ

鎌倉市の高徳院にある露坐の阿弥陀如来像。長谷 (はせ) の大仏ともいう。国宝。初め暦仁1 (1238) 年3月,勧進上人浄光が大仏殿造営にかかり,5年後の寛元1 (43) 年6月に,8丈余の木造阿弥陀坐像を安置したことが『吾妻鏡』に記されている。その後この像は大風で倒壊,次いで建長4 (52) 年現在の銅像が鋳造された。その際,鋳物師丹治久友が関与したことが知られるが完成年は不明。像高 11.5mの巨像でありながら,力強い鎌倉彫刻に宋風を取入れた様式をもち,これ以後の鎌倉地方の仏像に少なからず影響を与えた。もとは仏殿に安置されていたが,明応4 (1495) 年の災厄以後は露仏となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

鎌倉の大仏の関連キーワード江ノ島電鉄(株)地上写真測量関野 克祐天

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

鎌倉の大仏の関連情報