コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

番神信仰 ばんじんしんこう

1件 の用語解説(番神信仰の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ばんじんしんこう【番神信仰】

番神は三十番神の略称。日本国中にまつる30の神々が,1ヵ月30日の間,毎日,順番に国家と人々を守るという信仰である。神仏習合思想から生まれた信仰で,平安時代中期には如法(によほう)経守護の神として仰がれた。京都を舞台に日蓮宗を広めた日像は,三十番神信仰をとり入れて,《法華経》の広まる国土の守護神としてまつった。この後,京都をはじめとする各地の日蓮宗寺院では番神信仰が盛んとなり,境内に番神堂を構えた寺も多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

番神信仰の関連キーワード合祀平野神社法華神道三十番神赤舌神十番仕立て吊るし大神の祭纏る日具

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone