コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三十番神 サンジュウバンジン

デジタル大辞泉の解説

さんじゅう‐ばんじん〔サンジフ‐〕【三十番神】

天台宗・日蓮宗で、法華経を守護する神。本地垂迹(ほんじすいじゃく)説に基づく。1か月の30日間、1日一体ずつ祭る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さんじゅうばんじん【三十番神】

国家人民を1ヵ月30日結番して守護すると信じられる30種の善神をいう。その種類には(1)天地擁護,(2)内侍所守護,(3)王城守護,(4)吾国守護,(5)禁闕(きんけつ)守護,(6)法華守護,(7)如法守護,(8)法華経守護,(9)仁王経守護,(10)如法経守護の10種がある。この三十番神が守護するという思想のはじめは《灌頂(かんぢよう)経》によるが,系譜的には,(1)~(3)の番神は《仁王般若波羅蜜経》護国品の〈此の諸経の鬼神は汝の国土を守護す〉によって(9)の仁王経守護神を祭った南楽坊良正の影響下に神道家が立てたものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

さんじゅうばんじん【三十番神】

本地垂迹説により、日本天台宗と日蓮宗で、法華経を守護する神として、月の30日に割りあててまつる三〇の神。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

三十番神
さんじゅうばんじん

わが国の著名な30神が、1か月30日間を毎日交番で法華経(ほけきょう)を守護するということ、また、その30神のこと。略して番神ともいう。このような結番思想は、古代中国、五代のころに五祖山(ごそざん)戒禅師が制定した三十日仏名(さんじゅうにちぶつみょう)におこり、それがわが国の天台宗に取り入れられ、のちに日蓮(にちれん)宗において盛んとなったといわれる。『諸神記』に天地擁護をはじめ、7種の番神を掲げてあるが、とりわけ法華守護は一般に知られており、第1日目から順に、熱田(あつた)、諏訪(すわ)、広田、気比(けひ)、気多(けた)、鹿島(かしま)、北野、江文(えぶみ)、貴船(きぶね)、伊勢(いせ)、八幡(はちまん)、賀茂(かも)、松尾(まつのお)、大原野、春日(かすが)、平野(ひらの)、大比叡(おおびえ)、小比叡(おびえ)、聖真子(しょうじんじ)、客人(きゃくじん)、八王子、稲荷(いなり)、住吉(すみよし)、祇園(ぎおん)、赤山(せきざん)、建部(たけべ)、三上(みかみ)、兵主(ひょうず)、苗鹿(のうか)、吉備津(きびつ)の各神をあてる。これらの神は絵像や彫像として日蓮宗寺院の番神堂などに祭られ、なかには鎌倉時代末期までさかのぼる絵像もある。[三橋 健]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の三十番神の言及

【番神信仰】より

…番神は三十番神の略称。日本国中にまつる30の神々が,1ヵ月30日の間,毎日,順番に国家と人々を守るという信仰である。…

※「三十番神」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

三十番神の関連キーワード本地垂迹説長谷川等伯赤山明神番神信仰法華神道天台宗妙成寺日具

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android