異体同心(読み)イタイドウシン

大辞林 第三版の解説

からだは別々でも心は一つであること。夫婦などの仲のよいのにいう。一心同体。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 体は別でも心は一つであるということ。夫婦・朋友などの心が一致していること。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「異体同心とか云って、目には夫婦二人に見えるが、内実は一人前なんだからね」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

体は別でも心は一つであるということ。夫婦・朋友などの心が一致していること。

[使用例] 異体同心とかいって、目には夫婦二人に見えるが、内実は一人前なんだからね[夏目漱石*吾輩は猫である|1905~06]

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android