内実(読み)ないじつ

精選版 日本国語大辞典「内実」の解説

ない‐じつ【内実】

〘名〙 部の実情。内部の実質。うちまく。また、副詞的に用いて、その実、実のところ、実際の意を表わす。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「外称相随、内実相叛」 〔呉志‐陸遜伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「内実」の解説

ない‐じつ【内実】

内部の実情。うちまく。「苦しい内実を訴える」
(副詞的に用いて)本当のところ。その実。「度を過ぎた親切に内実迷惑している」
[類語]実際内容こっそり忍びやかそっと秘密内内うちうち内内ないない内輪内部内密内幕内裏うちうら内緒内証内分内聞内情隠密おんみつ極秘ごくひ厳秘げんぴ丸秘まるひ機密枢密すうみつ天機機事密事秘事暗部隠し事秘め事みそか事内緒ないしょ秘中の秘みそひそ秘めやか内懐うちぶところ楽屋裏裏面

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android