内実(読み)ないじつ

精選版 日本国語大辞典「内実」の解説

ない‐じつ【内実】

〘名〙 内部の実情。内部の実質。うちまく。また、副詞的に用いて、その実、実のところ、実際の意を表わす。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「外称相随、内実相叛」 〔呉志‐陸遜伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「内実」の解説

ない‐じつ【内実】

内部の実情。うちまく。「苦しい内実を訴える」
(副詞的に用いて)本当のところ。その実。「度を過ぎた親切に内実迷惑している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android