内実(読み)ナイジツ

デジタル大辞泉の解説

内部の実情。うちまく。「苦しい内実を訴える」
(副詞的に用いて)本当のところ。その実。「度を過ぎた親切に内実迷惑している」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

内部の実情。うちまく。 -はお粗末なものだ
(副詞的に用いて)実際。本当のところ。その実。 彼のお節介には-閉口へいこうしている -挨拶に困つて了ひました/社会百面相 魯庵

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 内部の実情。内部の実質。うちまく。また、副詞的に用いて、その実、実のところ、実際の意を表わす。
※聖徳太子伝暦(917頃か)上「外称相随、内実相叛」 〔呉志‐陸遜伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

内実の関連情報