異端駁論(読み)いたんばくろん(英語表記)Adversus haereses

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

異端駁論
いたんばくろん
Adversus haereses

エイレナイオスの主著。全5巻。グノーシス派に対する徹底した駁論であり,グノーシス派についての説明 (1巻) ,特にウァレンチヌス派の批判 (2巻) ,主として聖書に基づくグノーシス派の不合理性の立証 (3~5巻) という構成である。当時の異端思想と伝統的思想を知るうえにも貴重な文献である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android