畳字(読み)ジョウジ

デジタル大辞泉の解説

じょう‐じ〔デフ‐〕【畳字】

同じ漢字やかなを繰り返したもの。また、そのときに用いる「堂々」「各々」「あゝ」の「々」「ゝ」などのおどり字のこと。
古辞書で意味分類した部門の一つ。漢字熟語をあげる。色葉字類抄などにみられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じょうじ【畳字】

同じ字の繰り返しを示す符号。「〻」「々」「ゝ」「〱」の類。踊り字。
漢字の熟語。また、古辞書の分類項目の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じょう‐じ デフ‥【畳字】

〘名〙
① 同じかな、漢字を繰り返すこと。また、そのときに、その字の代わりに用いる符号踊り字。送り字。重ね字。
※名語記(1275)七「畳字これをのぞく」 〔余叢考‐巻二三一・畳字詩〕
② 漢字の熟語。また、古辞書の部立の一つ。
作文大体(1108頃か)「第十二双対 隔衆字同畳字是也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の畳字の言及

【躍字】より

…同じ字の繰返しであることを示す符号。踊字とも書き,古くは畳字(じようじ),重点などといった。現在,漢字では〈々〉〈〉を用い,仮名では〈ゝ〉〈〉を用いる。…

※「畳字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android