コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疎抜く ウロヌク

デジタル大辞泉の解説

うろ‐ぬ・く【疎抜く】

[動カ五(四)]多くあるものの中から間をおいて引き抜く。まびく。おろぬく。「大根を―・く」

おろ‐ぬ・く【疎抜く】

[動カ五(四)]
密生しているものの中から不要なものなどを抜き取って、適当な間隔を作る。間引く。うろぬく。「菜を―・く」
産児を間引く。
間を置く。遠ざかる。
「女郎買ひも当分―・くつもりだ」〈黄・見徳一炊夢〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うろぬく【疎抜く】

( 動五[四] )
おろぬく 」に同じ。 「コマツナを-・く」

おろぬく【疎抜く】

( 動五[四] )
農作物を間引く。うろぬく。 「菜を-・く」 「鶯うぐいすの声もたか菜を-・きて/徳和歌後万載集」
間をおく。 「女郎買も当分-・くつもりだ/黄表紙・見徳一炊夢」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

疎抜くの関連キーワードコマツナ産児

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android