コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

疲労骨折 ヒロウコッセツ

デジタル大辞泉の解説

ひろう‐こっせつ〔ヒラウ‐〕【疲労骨折】

骨の同じ部位に弱い力が繰り返し加わって起こる骨折。骨に小さなひびのできた状態で、運動時に痛むが、安静時には治まることが多い。骨折原因や発生時期が明確ではなく、発生初期にはX線での診断が難しい。発生部位は下腿(かたい)(脛骨(けいこつ)腓骨(ひこつ)など)に多いが、肋骨(ろっこつ)腰椎(ようつい)にも起こる。ストレス骨折。過労性骨障害。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ひろうこっせつ【疲労骨折】

微細な力が、骨のある部分に繰り返し加わったために起こる骨折。過度のトレーニングや、反復性の高い作業に伴ってみられる。疲労性骨折。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

疲労骨折
ひろうこっせつ
stress fracture

金属材料の疲労折損と同様な現象が骨にもみられ、持続性の反復外力によって骨組織が破綻(はたん)し骨折するものを疲労骨折という。かつては軍隊で新兵の猛訓練により潜行性の骨折が中足骨などにみられ、行軍骨折とか足腫(そくしゅ)とよばれていたが、近年ではスポーツ医学の面から注目されている。すなわち、トレーニングの兎(うさぎ)跳びによる腓骨(ひこつ)の疲労骨折は代表的なものである。
 発生部位としては下腿(かたい)の脛骨(けいこつ)や腓骨にもっとも多く、第2および第3中足骨にもしばしばみられ、おもにランニングやジャンプなどの反復練習による。また、バレーボールや野球などでは上肢の尺骨中央部から下方3分の1に多くみられ、ゴルフスウィングによる肋骨(ろっこつ)や第7頸椎棘(けいついきょく)突起の骨折などもよく知られている。
 最低1か月から2か月間のスポーツ活動の中止が必要である。予防としては、持続する反復運動の練習計画を改め、バランスのとれた筋肉トレーニングや年齢および体力に見合ったトレーニング方法を検討する。[永井 隆]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の疲労骨折の言及

【骨折】より

…骨折の大部分は,正常な骨にその抵抗力以上の外力が加わって起こる外傷性骨折である。一回一回の外力はたとえ軽微であっても骨の同一部位に繰り返し加えられると,金属の疲労現象のようにその部に骨折が生じる場合があり,これを疲労骨折fatigue fractureという。また骨自体になんらかの病変があって,正常な骨であれば骨折しない程度の外力によって骨折を生じる場合を病的骨折pathological fractureという。…

※「疲労骨折」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

疲労骨折の関連キーワード脊椎分離症/脊椎すべり症初めは腰とひじのけがポーラ ラドクリフジェフリー・バトルランナーズ・ニースポーツのけがランニング障害使いすぎ症候群トレーニングスポーツ障害腰椎分離症シン ジエ疲労性骨折脊椎分離症行軍骨折錦織圭姚 明野球肘腰椎肋骨

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

疲労骨折の関連情報