コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

痛み いたみpain

翻訳|pain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

痛み
いたみ
pain

感覚としての痛覚と感情としての苦の二様の意味で用いられる。感覚としての痛覚は皮膚の痛点や筋肉,関節,内臓など身体各部に分布する痛覚受容器に対する刺激によって生じる。痛覚受容器は特殊な細胞ではなく,神経の自由終末である。痛みを引起す刺激は特定のものではなく,強い刺激なら種類を問わず痛みを感じる。これを侵害刺激という。そのほかヒスタミンやセロトニンのような発痛物質が刺激になる。痛みは生理学的に体性痛と内臓痛に分けられるが,内臓の痛覚線維は血管や漿膜に多く分布し,器官自体には少いので,器官を切っても痛みを感じず,その器官の異常で発痛物質を生じたとき感じることが多い。体性の痛覚はちくちくする刺す痛みと持続的な鈍い痛みに区別される。前者はAδ線維により,後者はそれより細いC線維によって脳に伝えられる。モルヒネは脳幹で鈍い痛みの経路に作用して,これを抑制する。かゆみも痛覚の一変型と考えられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

いたみ【痛み/傷み】

病気や傷などによる肉体的な苦しみ。「腰に―が走る」「傷の―」
精神的な苦しみ。悩み。悲しみ。「胸の―をいやす」
(傷み)器物などの損傷。破損。「家の―がひどい」
(傷み)食物、特に果実などの腐敗。「―が早い果物」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

痛み【いたみ】

痛覚

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

いたみ【痛み pain】

体に危害が加わったときに生ずる不快な感覚。神経系に異常があって,危害が加わらないのに起こることもある。痛覚pain sensationともいう。
[痛みの意義]
 痛みは通常,外からの危害を避けるための無意識的な反射活動を伴う。やけどを負う前に痛みを感じて,熱いストーブから手を引っ込めるのはそのためである。また痛みを避けたいという基本的要求によって,同様な危害からの回避を学ぶこともできる。虫垂炎などでは,それによる痛みが警告信号となるばかりでなく,診断の重要な手掛りを提供してくれる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

痛み
いたみ

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の痛みの言及

【痒み】より

…瘙痒感(そうようかん)ともいう。
[かゆみと痛みの関係]
 かゆみのあるとき,刺激がどこに加わったのかはっきりしないことが多い。また刺激が去った後にも,かゆみは長く残る。…

【凝り】より

…肩がこる,筋肉がこる,などという場合の〈こる〉という言葉は,筋肉が異常に緊張したり,または痙縮を起こしたときに感じる自覚症状を意味する。筋肉の緊張が亢進すると,ついには痛みを感じるようになる。こりと痛みとは表裏一体の現象で,つまり,こりとは有痛性痙縮ということができる。…

※「痛み」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

痛みの関連キーワードペインクリニック三叉神経痛座骨神経痛墜ちた天使無症候性自覚症状胸を摩る痛み止め排便痛ペイン沈痛剤天気痛月経痛喉風邪筋肉痛筋痛症激痛耳痛胃痛足痛

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

痛みの関連情報