(読み)ツウ

デジタル大辞泉「痛」の解説

つう【痛】[漢字項目]

[音]ツウ(慣) [訓]いたい いたむ いためる いたく
学習漢字]6年
体がいたむ。いたみ。「痛覚痛痒つうよう胃痛苦痛激痛陣痛頭痛鎮痛疼痛とうつう鈍痛腰痛
がいたむ。悲しむ。「哀痛心痛沈痛悲痛
程度がはげしい。いたく。「痛飲痛快痛切痛烈痛論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「痛」の解説

つう【痛】

〘名〙 からだに故障がおきて痛いこと。また、その痛み。
※十善法語(1775)五「脈状も外邪の類、痛の類、大抵常人もわかるるといふより見れば」

いた・ぶ【痛】

〘自バ四〙 =いたむ(痛)
書紀(720)敏達元年五月(前田本訓)「傷惻(イタビ)たまふこと極めて(にへさ)なり」

いたま・す【痛】

〘他サ四〙 心に悲しみや悩みをいだかせる。痛むようにする。悩ませる。いたまかす。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android