(読み)ツウ

デジタル大辞泉の解説

つう【痛】[漢字項目]

[音]ツウ(慣) [訓]いたい いたむ いためる いたく
学習漢字]6年
体がいたむ。いたみ。「痛覚痛痒(つうよう)胃痛苦痛激痛陣痛頭痛鎮痛疼痛(とうつう)鈍痛腰痛
心がいたむ。悲しむ。「哀痛心痛沈痛悲痛
程度がはげしい。いたく。「痛飲痛快痛切痛烈痛論

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

いた・ぶ【痛】

〘自バ四〙 =いたむ(痛)
※書紀(720)敏達元年五月(前田本訓)「傷惻(イタビ)たまふこと極めて甚(にへさ)なり」

いたま・す【痛】

〘他サ四〙 心に悲しみや悩みをいだかせる。痛むようにする。悩ませる。いたまかす。

つう【痛】

〘名〙 からだに故障がおきて痛いこと。また、その痛み。
※十善法語(1775)五「脈状も外邪の類、痛の類、大抵常人もわかるるといふより見れば」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報