瘤胃(読み)りゅうい(英語表記)rumen

翻訳|rumen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

瘤胃
りゅうい
rumen

こぶルーメンともいう。ウシヒツジラクダ,シカなど反芻類 (ウシ亜目) と呼ばれる偶蹄類食道に連なる第1の胃。これらの動物の胃は4室に分れており,食道に近いほうから,第1の胃,第2の胃,…と呼ぶ。これらの動物は草食性であるが,瘤胃の中には多種類の原生動物と細菌が多数生息していて,飼料中のセルロースデンプンや糖類などを発酵によって分解し,消化の役に立っている。食物はまず瘤胃にたくわえられて第2の胃 (蜂巣胃) に移り,再び口に戻って細かく噛み砕かれて (反芻) から瘤胃を通らずに,蜂巣胃の一部を通って第3の胃,第4の胃に送られる。瘤胃で消化にあずかった微生物は,第4の胃で反芻類自身の消化酵素で溶かされ,腸から吸収される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android