コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

癌の要因 がんのよういん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

癌の要因
がんのよういん

ヒトの発は 80%以上が「化学発癌物質」によると考えられている。この化学発癌物質は現在 50種類ほど知られており,なかでも調理された肉や魚の焼け焦げやナッツ類についているある種のカビなどが身近のものとしてよく知られている。一方,緑黄色野菜が発癌物質の作用を抑える働きをもっているという研究成果も最近多い。また喫煙は癌の要因としては 30%とされ,かなり大きい。それだけ食生活やライフスタイルが影響しているということができる。このほか放射線,光 (紫外線) ,大気汚染,ウイルス,アルコールなども危険要因として考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

癌の要因の関連キーワード対がん10か年総合戦略食事と癌

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android