発泡コンクリート(読み)はっぽうコンクリート

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「発泡コンクリート」の解説

発泡コンクリート
はっぽうコンクリート

コンクリート中に多量の気泡を含ませた多孔質のコンクリート。気泡コンクリートともいう。アルミニウムのような金属粉をコンクリートの中に混入して水素ガスを発生させる方法,界面活性剤を用いてを取込む方法,圧力変化で気泡をつくる方法,あらかじめつくった泡を含ませる方法などがある。強度的には難点があるが,軽量であり,耐火性が大きく,熱伝導率が小さく,防音効果の大きいことなどの利点がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「発泡コンクリート」の解説

はっぽう‐コンクリート ハッパウ‥【発泡コンクリート】

〘名〙 (コンクリートはconcrete) コンクリートにアルミ粉などを加え、加熱して発泡させ板状にしたもの。軽くて水に浮く場合が多い。断熱性、防音性にすぐれ、また、軽いので材とされる。〔欠陥住宅の見わけ方(1974)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報