発菩提心(読み)ほつぼだいしん

大辞林 第三版の解説

ほつぼだいしん【発菩提心】

〘仏〙 菩提心を起こすこと。悟りを求めようと決心すること。発心ほつしん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほつ‐ぼだいしん【発菩提心】

〘名〙 仏語。悟りを求める心を起こすこと。仏道を歩もうと決意すること。発心
※醍醐寺本元興寺伽藍縁起并流記資財帳‐天平一九年(747)「魏々乎、善哉々々、造立仏法父天皇父大臣也、即発菩提心、誓願十方諸仏」 〔安楽集‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の発菩提心の言及

【信心】より

…したがって宗教に入る第一歩が信心である。仏教では発菩提心(ほつぼだいしん)とも信心ともいう。信仰というのもおなじであるが,信心はひろく通俗性をもっている。…

※「発菩提心」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android