コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

善哉 ゼンザイ

デジタル大辞泉の解説

ぜん‐ざい【善×哉】

が原義。梵sādhuの訳で、漢訳仏典に用いられる語》
[名]善哉餅のこと。関西ではつぶしあん汁粉関東では餅に濃いあんをかけたもの。
[形動ナリ]よいと感じるさま。喜び祝うさま。
「上人を礼し…―なれや、―なれと夜遊を奏して舞ひ給ふ」〈謡・輪蔵
[感]実によい、そのとおりである、の意で、相手をほめたたえる語。特に、師が弟子に賛成・賞賛などの意を表すときに用いる。よきかな。
「―、―、孝行切なる心を感ずるぞとて」〈謡・谷行

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

善哉【ぜんざい】

焼餅(やきもち)の上にアズキ餡(あん)をかけた甘味食品。餅の代り白玉だんご,アワ餅,クリなどを用いることもある。口直しにシソの実の塩漬などを添える。関西では田舎汁粉のことをいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典の解説

ぜんざい【善哉】

関東では餅(もち)に濃いあずきあんをかけたもの。関西ではつぶしあんで作った汁粉(関東の「田舎汁粉」に相当するもの)。◇関東の「ぜんざい」と同様のものを関西では「亀山(かめやま)」ということが多い。

出典 講談社和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典について 情報

[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションの解説

よいかな【善哉】

長野の日本酒。大吟醸生酒、純米酒、本醸造生酒などがある。平成12、13年度全国新酒鑑評会で金賞受賞。原料米は山田錦美山錦しらかば錦など。仕込み水は平成の名水百選「女鳥羽(めとば)の泉」。蔵元の「善酒造」は江戸末期創業。所在地は松本市大手。

出典 講談社[日本酒・本格焼酎・泡盛]銘柄コレクションについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぜんざい【善哉】

が原義〕
[3][1] ( 名 )
汁粉しるこの一種。関東では、餅に濃いあんをかけたもの、関西ではつぶしあんで作った汁粉をいう。善哉餅。
( 形動ナリ )
喜び祝うさま。 「 -なれや地蔵坊/狂言・地蔵舞」
( 感 )
〔仏典で、仏が弟子の言葉に賛成してほめる語〕 よい言動をほめる語。よいかな。それでよい。 「明神も御声を上げて、-、-、と感じ給へば/謡曲・白髭」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

善哉
ぜんざい

汁粉」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

善哉
ぜんざい

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

善哉の関連キーワード新興科学の旗の下に和歌山 富次郎善哉餅・善哉餠レスカじゅん美幸ちひろ岡崎あかね今仲ひろし南山千恵美ミヤコ蝶々豊田 四郎女鳥羽の泉織田作之助南都雄二三浦光雄久野麻子長岡善哉白川明彦大竹一重平田清明淡島千景

善哉の関連情報