安楽集(読み)あんらくしゅう

日本大百科全書(ニッポニカ)「安楽集」の解説

安楽集
あんらくしゅう

中国、唐代初期の仏書。2巻。浄土教祖師である道綽(どうしゃく)の著。彼が609年(隋(ずい)、大業5)浄土教に回心して以後の撰述(せんじゅつ)。12章よりなり浄土三部経と曇鸞(どんらん)の著書を経緯として、浄土往生を鼓吹し、日本の法然(ほうねん)(源空)に甚大な影響を与えた善導(ぜんどう)に対して先駆的役割を果たした。教は時・機と一致すべきであるという観点にたって、末法時における、煩悩(ぼんのう)を備えた万人に適した出離生死の道を探究し、仏教を聖道(しょうどう)と浄土の2門に分け、教時機三者の一致しない聖道門よりも、阿弥陀仏(あみだぶつ)の本願に基づく念仏によって浄土に往生しうるところの、教時機三者の一致する浄土門に帰入すべきことを論述している。

[藤堂恭俊]

『山本仏骨著『道綽教学の研究』(1959・永田文昌堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「安楽集」の解説

あんらくしゅう ‥シフ【安楽集】

二巻。中国の道綽(どうしゃく)の著。観無量寿経に立って、聖道門と浄土門の区別を説いた最初のもので、末法における時機相応の念仏を強調したもの。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android