コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安楽集 アンラクシュウ

大辞林 第三版の解説

あんらくしゅう【安楽集】

中国、唐の道綽どうしやく撰の論書。二巻。七世紀前半成立。経論に依りながら念仏門の正当性を主張し、浄土往生をすすめる。全仏教を聖道門と浄土門に分けることは、本書に始まる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

安楽集
あんらくしゅう

中国、唐代初期の仏書。2巻。浄土教祖師である道綽(どうしゃく)の著。彼が609年(隋(ずい)、大業5)浄土教に回心して以後の撰述(せんじゅつ)。12章よりなり浄土三部経と曇鸞(どんらん)の著書を経緯として、浄土往生を鼓吹し、日本の法然(ほうねん)(源空)に甚大な影響を与えた善導(ぜんどう)に対して先駆的役割を果たした。教は時・機と一致すべきであるという観点にたって、末法時における、煩悩(ぼんのう)を備えた万人に適した出離生死の道を探究し、仏教を聖道(しょうどう)と浄土の2門に分け、教時機三者の一致しない聖道門よりも、阿弥陀仏(あみだぶつ)の本願に基づく念仏によって浄土に往生しうるところの、教時機三者の一致する浄土門に帰入すべきことを論述している。[藤堂恭俊]
『山本仏骨著『道綽教学の研究』(1959・永田文昌堂)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

安楽集の関連キーワード知空(2)末法思想竜山慈影聖浄二門浄土往生念仏門正当性聖道門聖道僧樸大含経論本書宣明悟阿

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android