コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登別[市] のぼりべつ

百科事典マイペディアの解説

登別[市]【のぼりべつ】

北海道南部,太平洋に面する市。1970年市制。中心市街地は室蘭本線が通じる幌別,鷲別(わしべつ)地区で,化学・コンクリート工業が行われ,南西隣の室蘭市通勤者の住宅地でもある。
→関連項目倶多楽湖

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

のぼりべつ【登別[市]】

北海道南西部の市。1970年市制。人口5万6892(1995)。室蘭市の東に接し,西から鷲別,幌別川河口の幌別,登別温泉を中心とする登別の各地区が太平洋に面して市街地を形成,室蘭本線と国道36号線で結ばれている。近世,幌別に松前藩の場所(交易所)があったが,1869年(明治2)仙台藩白石城主片倉氏の家臣150人が移住して以後,幌別を中心に開拓が始まった。室蘭市の製鉄所の発展に伴って市街地化が進み,人口が急増した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

登別[市]の関連キーワード黒人問題鉄鋼業アラバール多国籍企業野村芳太郎フー[各個指定]芸能部門アモン・デュールアルトマン(Robert Altman)イエメン共和国

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android