コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

室蘭本線 むろらんほんせん

6件 の用語解説(室蘭本線の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

室蘭本線
むろらんほんせん

北海道南西部を走る鉄道。 JR北海道。全長 217.4km。長万部岩見沢間 209.3kmで,東室蘭-室蘭間 8.1kmの支線をもつ。長万部で函館本線から分岐し,内浦湾北岸沿いに走り東室蘭を経て苫小牧にいたり,内陸部をほぼ北進し岩見沢で再び函館本線に合する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

むろらん‐ほんせん【室蘭本線】

北海道の長万部(おしゃまんべ)から東室蘭・登別苫小牧を経て岩見沢に至るJR線。東室蘭・室蘭間も含まれる。石狩炭田からの石炭積み出しのために明治25年(1892)北海道炭礦鉄道が開業し、昭和3年(1928)全通。全長219.1キロ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

室蘭本線【むろらんほんせん】

函館本線長万部(おしゃまんべ)〜函館本線岩見沢間および東室蘭〜室蘭間のJR線。営業キロ218.0km。1892年夕張炭輸送のため北海道炭礦鉄道によって岩見沢〜東室蘭間を開通,1897年室蘭まで延長し1906年国有化。
→関連項目函館本線

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

むろらんほんせん【室蘭本線】

函館本線長万部駅から東室蘭,苫小牧をへて函館本線岩見沢駅に至る211.0kmと,東室蘭~室蘭間8.1kmの支線からなるJR北海道線。北海道開拓と,当時もっとも重要なエネルギー源であった石炭輸送を目的として,北海道炭礦鉄道の手によって建設されたもので,1892年8月室蘭(現,東室蘭)~岩見沢間が,97年7月東室蘭~室蘭間がそれぞれ開業し,1906年10月国に買収された。長万部~室蘭間は国有化後建設が開始され,長万部側からは長輪西線,室蘭側からは長輪東線として順次開業し,28年9月全通,長輪線となった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

むろらんほんせん【室蘭本線】

JR 北海道の鉄道線。長万部おしやまんべと苫小牧とまこまい・岩見沢(211キロメートル)、東室蘭と室蘭(7キロメートル)間。石狩炭田の石炭積出用として建設された主要幹線。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

室蘭本線
むろらんほんせん

北海道旅客鉄道の線路名称。北海道、長万部(おしゃまんべ)―東室蘭―岩見沢間211.0キロメートルおよび東室蘭―室蘭間7.0キロメートルよりなる。沼ノ端(ぬまのはた)―東室蘭―室蘭間が交流電化。電化率は33.9%。複線化率83.7%(いずれも2012年時点)。道央および道南地区における幹線鉄道の一つ。北海道炭礦(たんこう)鉄道によって石狩炭田からの石炭積出しのために1892年(明治25)、室蘭(現、東室蘭)―岩見沢間が開業し、1897年に現在の室蘭まで延長された。この区間は1906年(明治39)国有化され、1909年に室蘭本線と称された。一方、内浦湾岸沿いに函館(はこだて)本線の長万部と室蘭を結ぶ鉄道が長輪(ちょうりん)東線と長輪西線の名称で1923~1928年(大正12~昭和3)に開業し、全通とともに長輪線となったが、1931年室蘭本線に編入されて、道南地方と道央を結ぶ第二のメインルートを形成した。沿線には伊達(だて)、室蘭、登別(のぼりべつ)、苫小牧(とまこまい)などの都市が分布し、石炭、製紙原料としての木材、紙・パルプなどの輸送でにぎわった。第二次世界大戦後、函館本線長万部―小樽(おたる)間の急勾配(こうばい)区間を避けるため、最急勾配10‰(パーミル)の室蘭本線長万部―沼ノ端間と千歳(ちとせ)線を経由して函館―札幌間を結ぶルートがメインルートとなり、主要列車の多くがこのルートを走るようになって、幹線鉄道としての重要性が高まった。1980年(昭和55)には沼ノ端―室蘭間が電化されている。しかし、沼ノ端―岩見沢間はこのメインルートから外れ、現在では事実上ローカル線となっている。1987年、日本国有鉄道の分割民営化に伴い、北海道旅客鉄道に所属。1997年(平成9)、新室蘭駅舎がそれまでの室蘭駅から200メートルほど離れたところに完成し、移転した。その後、旧駅舎は室蘭市に譲渡され、観光案内所として利用されている。[青木栄一・青木 亮]
『曽根悟監修『JR全線・全駅舎 東日本編(JR東日本・JR北海道)』(2003・学習研究社) ▽南正時編著『JR全路線なるほど事典 鉄道を旅する』(2003・実業之日本社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

室蘭本線の関連キーワード長万部町函館本線日高本線苫小牧長万部長万部[町]北海道山越郡長万部町長万部北海道山越郡長万部町長万部[温泉]東蝦夷地南部藩陣屋跡

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

室蘭本線の関連情報