カルルス温泉(読み)カルルスおんせん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カルルス温泉
カルルスおんせん

北海道南西部,登別市にある温泉。登別川の上流千歳川の曲流する谷間にある。泉質単純泉泉温は 60℃前後。常時湯煙をあげる閑寂郷で,冬季には湯治客やスキー客が多い。洞爺湖に通じるオロフレ峠にかけて新緑と紅葉,高山植物花畑が美しい。東方 1kmに,橘湖 (カルルス湖) があり,国民休養温泉地に指定。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕カルルス温泉(カルルスおんせん)


北海道登別(のぼりべつ)市、千歳(ちとせ)川上流部にある国民保養温泉。1886年(明治19)の開湯。北西5kmのオロフレ山(標高1231m)は山岳スキーで著名。冬季はスキー客でにぎわう。国民宿舎がある。ナトリウム-炭酸水素塩塩化物泉、ナトリウム-硫酸塩泉。泉温68.3℃。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルルス温泉
かるるすおんせん

北海道南西部、登別市(のぼりべつし)にある温泉。登別温泉の北8キロメートルにあり、クッタラ火山外壁の爆裂火口底に湧出(ゆうしゅつ)する。単純温泉。ラジウムを含み、チェコの有名な温泉地カールスバート(カルロビ・バリ)の泉質に似ているところから温泉名となった。洞爺(とうや)湖からオロフレ峠を経て登別温泉に通じる地方道に沿い、国民保養温泉地に指定されている。支笏(しこつ)洞爺国立公園域にあり、付近には爆裂火口である円形の美しい橘(たちばな)湖や西方の来馬岳(らいばだけ)山麓(さんろく)の国設スキー場などがある。登別温泉からバス便がある。[奈良部理]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android