コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倶多楽湖 くったらこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倶多楽湖
くったらこ

北海道南西部,白老町にあるカルデラ湖。倶多楽山頂部の陥没により生成。面積 4.7km2。周囲 8km。最大水深 148m。水面標高 258m。湖を取巻く外輪山の高さは南西側を除き 330~534m。地名はアイヌ語のクッタルウシ (イタドリの多いところの意) に由来。カルデラ生成後の火山活動は,西麓の登別温泉地獄谷,湯沼火口を中心に行われ,倶多楽湖は活動の影響を直接受けず,火口型カルデラの原形を保つ。出入する河川がなく水位の変化も小さい。貧栄養湖でエゾサンショウウオ,ヒメマスがわずかに生息。支笏洞爺国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くったら‐こ【倶多楽湖】

北海道南西部、白老郡白老町にあるカルデラ湖。登別温泉の東にある。面積5平方キロメートル、最大深度148メートル。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

倶多楽湖【くったらこ】

北海道南西部,白老町にある湖。急斜面に囲まれた周囲8kmの円形のカルデラ湖で,流入流出河川はない。標高258m,面積4.70km2,最深148.0m。貧栄養湖であるがヒメマスが釣れる。
→関連項目白老[町]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕倶多楽湖(くったらこ)


北海道南西部、白老(しらおい)町にあるカルデラ湖。面積4.7km2。エゾサンショウウオやヒメマスが生息。西方の登別(のぼりべつ)温泉から西岸を巡る観光道路が通じ、外輪山の四方嶺(しほうれい)頂上までロープウエーが通じる。支笏洞爺(しこつとうや)国立公園に属する。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倶多楽湖
くったらこ

北海道南西部、胆振(いぶり)総合振興局管内の白老(しらおい)町にある湖。更新世(洪積世)初期に溶結凝灰岩の噴出により生じた小型のカルデラ湖でほぼ円形をしている。面積5平方キロメートル、周囲8キロメートル、湖面標高258メートル、最深148メートル。流入河川も流出河川もない清澄な湖である。湖畔にはボート乗り場やキャンプ場がある。登別(のぼりべつ)温泉から3.5キロメートル東にあり、温泉からの周遊道路途中にある湖北西部の外輪山扇形(おうぎがた)見晴らし台からは原生林に囲まれた湖を一望でき、また湖西側にある外輪山四方嶺(しほうれい)展望台からの眺望もよい。[奈良部理]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

倶多楽湖の関連キーワードエゾサンショウウオロープウエー白老(町)登別[市]渡島山地貧栄養湖ヒメマスアイヌ語イタドリ四方嶺外輪山登別西方西岸西麓原形

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

倶多楽湖の関連情報