コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

倶多楽湖 くったらこ

5件 の用語解説(倶多楽湖の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

倶多楽湖
くったらこ

北海道南西部,白老町にあるカルデラ湖。倶多楽山頂部の陥没により生成。面積 4.7km2。周囲 8km。最大水深 148m。水面標高 258m。湖を取巻く外輪山の高さは南西側を除き 330~534m。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

くったら‐こ【倶多楽湖】

北海道南西部、白老郡白老町にあるカルデラ湖登別温泉の東にある。面積5平方キロメートル、最大深度148メートル

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

倶多楽湖【くったらこ】

北海道南西部,白老町にある湖。急斜面に囲まれた周囲8kmの円形のカルデラ湖で,流入流出河川はない。標高258m,面積4.70km2,最深148.0m。貧栄養湖であるがヒメマスが釣れる。
→関連項目白老[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕倶多楽湖(くったらこ)


北海道南西部、白老(しらおい)町にあるカルデラ湖。面積4.7km2。エゾサンショウウオやヒメマスが生息。西方の登別(のぼりべつ)温泉から西岸を巡る観光道路が通じ、外輪山の四方嶺(しほうれい)頂上までロープウエーが通じる。支笏洞爺(しこつとうや)国立公園に属する。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

倶多楽湖
くったらこ

北海道南西部、胆振(いぶり)総合振興局管内の白老(しらおい)町にある湖。更新世(洪積世)初期に溶結凝灰岩の噴出により生じた小型のカルデラ湖でほぼ円形をしている。面積5平方キロメートル、周囲8キロメートル、湖面標高258メートル、最深148メートル。流入河川も流出河川もない清澄な湖である。湖畔にはボート乗り場やキャンプ場がある。登別(のぼりべつ)温泉から3.5キロメートル東にあり、温泉からの周遊道路途中にある湖北西部の外輪山扇形(おうぎがた)見晴らし台からは原生林に囲まれた湖を一望でき、また湖西側にある外輪山四方嶺(しほうれい)展望台からの眺望もよい。[奈良部理]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

倶多楽湖の関連キーワード白老町白老白老港仙台藩白老元陣屋資料館北海道白老郡白老町虎杖浜北海道白老郡白老町白老北海道白老郡北海道白老郡白老町北海道白老郡白老町陣屋町北海道白老郡白老町若草町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

倶多楽湖の関連情報