コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

登張正実 とばり まさみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

登張正実 とばり-まさみ

1916-2006 昭和-平成時代のドイツ文学者。
大正5年3月27日生まれ。登張竹風(ちくふう)の次男。昭和42年東大教授,51年から61年まで成城大教授。ドイツ教養小説を専攻し,著作に「ゲーテ「ヴィルヘルム・マイスターの遍歴時代」」,訳書にヒルティ「眠られぬ夜のために」などがある。学士院会員。平成18年3月20日死去。89歳。宮城県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

登張正実の関連キーワードウィルヘルム・マイスターシュレーゲル(兄弟)ヘルダー

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android